朝方に彼とバス停のベンチで
それじゃまたねって
手を振って 今日まで

忘れられないよね
何も捨てないでね

時計の上で
振り子になって
文字盤もいつか剥がれたって
針が巡って重なったら
もう一度触れてもいいって
笑ってよ

互いにつつき合う少年少女とすれ違って
ふいに思い出すのは
色褪せちゃうけど忘れられない場所

機械の上で張り子になって
歯車もいつか空回って
針が鈍って止まったら
ねえ
少し休んでもいいって
言ってよ

時計の上で
振り子になって
君との距離が離れたって
針が巡って重なったら
もう一度 触れてもいいって
笑ってよ

忘れられないよね