2019 11月

Seija no March

午後になって 太陽が濡れた頬を乾かして 静かに燃える日々の頼りない輪郭をなぞった そこにただ在るだけで そのまま ぎゅっと引き寄せて わけもなく抱きしめて こと切れるまで モノクロの葬列を見送った町外れの丘からは 鈍色に… read more »

Hajimari no Kisetsu

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 アメリカ英語 のみです。

Yellow

街の不条理を知って受け流すイエロー 日々の裏通りに立って黙り込んで消えろ 街の不条理を知って受け流すイエロー 彼の言う通りになってぎこちなく笑えよ 声を張った彼らがうずくまった狭い島 君が知らないなら 誰も知らないまま … read more »

Haikyo no Kioku

記憶と呼ぶには妙にぼやけた声が 表通りを抜けて彼の耳に届いた 遠い昔に忘れ去られたことが 立ち現れるだろう そして立ち去るのだろう 子供たちが解き忘れた自由や 君とよく似た顔や プラスチックの自動車 大人たちが手放した理… read more »

Sleep

破れたシャツ ズタズタのプライド 引きずってもう 手垢がついてベタベタの愛を 振り廻せよ 干からびてカラカラの才能 携えて もう 手垢がついてベタベタの愛を 振り廻せよ 緩やかに続く街路を 滑り出すショッピングカート 新… read more »

Boys & Girls

テールランプが騒めく川辺に陽が溶けるまで 用もない顔した世間に流されちゃダメ そんな日も 生き急ぐように きっと ねえ Boys & Girls 教えてよ そっと 夢と希望 まだ はじまったばかり We’ve g… read more »

Sayounara Soldier

さようなら ソルジャー 北限のレストラン 干からびたパスタと冷めたビーフ 歪んだスピーカー越しのトーク これからは君が会いに来て 脱ぎ捨てれば 僕たちは また オールライト 不意に腕を握って 急に好きだと言って 自由に空… read more »

Dancing Girl

靴底 すり減って 縒れるまで彷徨った路地裏 当て所なく蹴飛ばした小石を追って 顔を上げれば あの娘が笑ったんだ 太陽が眩しくて あの日のまま 佇んで 誰も彼も消え去ったって 闇も夢も連れ出して もう どこへでも行ける気分… read more »

Sidebar