Nothing 実は何にもない
それに先立って 夢も希望もない
無愛想な商人の即席のリアリティを
ゴミ箱に叩き込んで燃やそうぜ

蹴飛ばして 愛を確かめたい
君に跨って 声を確かめたい
止まったエンジンと 漲ったバッテリーも
彼のこと思い出して決めようぜ

俯いてちゃ将来なんて見えない
ほら 雨上がりの空から
子供たちが覗いて笑う ホームタウン

こんなことして何のためになるんだ
そんな問いで埋め尽くされてたまるかよ
ねえ、そうだろ

交差点の向こう側
ハグしようか何度も

俯いてちゃ将来なんて見えない
ほら 雨上がりの空から
子供たちが覗いて笑う ホームタウン